OBOG体験談 インターンシップ

無機質だと思っていた事象が色鮮やかに変わった瞬間

投稿日:

インターン体験談
今回は、10代目インターン生の体験談を紹介します!

プロフィール
大学名 名古屋大学
実施期間 大学2年生の9月から大学2年生の3月まで

 

インターンを始めたきっかけ

単に時間をお金に換えるバイトをし、講義は適当に受けるといったような大学生活をこのまま続けていては何も得るものはなく、意味がないと思っていた。
だからこそ、こういった自分の現状を変えたいと思っていた。
また、来年就活を控えて、なんともいえない漠然とした不安があった。
社会に出る前に働くということのイメージを持ちたかったし、自分は何ができて何ができないのか、自分の強みと弱みというものを知りたかった。

なぜ、根本税理士事務所をインターン先に選んだかというと、もともとお金の流れや士業というものに興味があったから。
かつ事務所の見学に行ったときに先生・社員さんやインターンのOBの先輩方が作り上げる事務所の暖かい雰囲気に惹かれたことがここでインターンをするという決め手になった。

 

インターンで行ったこと、その時の心情

主にクライアントに代わってあらゆる書類を作成した。
確定申告書や事業計画書、創業計画書、経営力向上計画・先端設備等導入計画申請書等の作成補助に携わった。
しかし初めのうちは、簿記の知識が全くなかったのに加えてすべてが今まで自分が経験したことがないものであるため、何から手を付けていいか分からない状態、いわゆるわからないことがわからない状態に陥っていた。
全然前に進まずとにかく苦しかった。

その状態から脱するべく先生や先輩方からあらゆるアドバイスをいただいた。
まずその書類を提出する意味や目的は何かということ。
それを提出することでクライアントはどんなメリットを享受することになるのかということ。
そして書類提出までの全体像を把握し、今何をすべきかを明確にすること。
過去資料を参照し、わからない用語は調べるなどして不明点を明確にすること。
こういったステップを一つずつクリアすることで、完成までの扉が開いていった。
実際に書類を提出し審査が通った時は、妙な達成感を感じて自分にもできることがあるのだという自信にもなった。

 

インターン後の変化、将来の夢について

インターンを経て学んだことは自分目線で行うのではなく他者の視点に立って物事を考える事である。
書類を一つ作るにしても、プレゼンをするにしても自分がどうしたいかよりもそれを受け取る他者がどう思うかということを等閑にしてはならない。
他者への想像力が仕事においても重要であり不可欠な要素であると教わった。

インターン期間中に直接経営者と話す機会やとある企業の経営会議に参加することがあった。
実際にビジネスの世界で奮闘する人々を見て、以前は自分の中で単なる無機質な抽象的なイメージにとどまっていた企業や組織というものがそれぞれに情熱や思いを持つ人々の集まりであることが分かって、誰かによってなされたあらゆる事象も背景には誰がどういった意図で、そしてどういった思いを込めたのかということにより関心を持つようになった。
先生が顧客である経営者に対して数字に基づいた助言をするだけでなく経営者の気持ちに寄り添ったサポートをしているように、私も誰かの味方となり誰かの当たり前を支える業務に携わりたいと考えている。

=================================

税務のことなら!根本景子税理士事務所

本社:愛知県名古屋市名東区高針原1-1305番地
TEL :052-705-1051
FAX:052-705-1050

HP:https://www.nemoto-zei.jp

根本税理士事務所のFacebookはこちら>>

==================================

-OBOG体験談, インターンシップ
-, ,

Copyright© 根本税理士事務所インターンシップ , 2020 All Rights Reserved.