長期インターンシップ

【ここが違う!】税理士・会計事務所のインターンでしか得られない経験5つ

投稿日:

皆さんこんにちは。

根本税理士事務所インターン生です。

 

今日は税理士事務所・会計事務所のインターンでしか得られない経験を5つ紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめ

・インターンシップに興味がある

・税理士事務所・会計事務所のインターンに興味がある

・色々な業種の会社を見てみたい

・実際に使えるスキルを身に付けたい

 

実際に1年半税理士事務所でインターンシップを行った私が経験できたことなので、

皆さんも同じような経験ができると思います。

 

 

それでは早速紹介していきます。

 

【5選】 税理士事務所・会計事務所のインターンでしか得られない経験

税理士事務所・会計事務所のインターンでは、

特に5つの経験ができます。

 

・PDCAサイクルが身につく

・多業種の業務を理解できるようになる

・仕事の意味・目的を考えられるようになる

・将来像が見えるようになる

・決算書が読めるようになる

 

就活を控えてインターンシップ先を探している学生や、

休学してインターンに取り組みたい学生で上記の経験が欲しい場合は、

税理士事務所・会計事務所でのインターンを選択肢に入れると良いでしょう!

 

 

PDCAサイクルが身につく

 

基本的にどの仕事でもP(LAN)、D(O)、C(HECK)、A(CT)を回し続けます。

業務には期限があり、期限までに確実に業務を終わらせる必要があります。

 

 

例えば、10日後にクライアント先に月次報告に伺う予定が決まっていた場合、

10日後までに何を準備しておくべきか、資料の準備の間に何をやるのかなどを

計画しながら業務に取り組みます。

 

業務に関してはいくつか並行して行うことになるので、

自分で期限の設定、優先順位の決定を行いながら、

業務を確実に進めていきます。

 

そしてクライアント先に提示する資料に関しては、

税理士の先生に確認してもらったり、

社内に共有をして意見交換を行い、

クライアントにより良いものを提供できるように準備をします。

 

そして実際にクライアントの訪問へ行き、

自分の目で現状を確認しつつ、提案内容のフィードバックを頂きます。

 

そして次回訪問に向けて、事前調査や提案資料作成に動き出します。

 

クライアント訪問だけではなく、全ての業務でPDCAを回し続ける経験ができるので、

普通の大学生活の30倍くらいのスピードでPDCAを回すことができます。

 

 

多業種の業務を理解できるようになる

 

税理士事務所の基本業務「会計入力」は、企業の事業活動を記録する作業です。

 

例えば、

〇月〇日に△△で120円の消しゴムを買った。

というように、企業が日々どんな活動を行っているかを1年間記録します。

 

1年間その企業が何をやっているのかを記録していると、

業種ごとの特徴や企業の特徴が分かるようになります。

 

そして、クライアント訪問なども含めて企業活動を知ることで、

様々な企業がどんな企業なのかが分かるようになります。

 

作業の意味・目的を考えられるようになる

 

例えば、先ほどの例で「会計入力・帳簿記入」は何のために行うのか。

 

これは、「正確に企業活動を知る」ためです。

 

正確な企業情報を知るためには、現場をイメージすることが重要です。

 

例えば、建物の工事を行った場合に

その費用は修繕費にあたるのか、

それとも資産価値の増加を伴う資本的支出になるのかは、

実務では重要なポイントになります。

 

簿記では工事代金の内(60%)は資本的支出であるなどと条件が記載されていますが、

実務では工事内容によってそれらを振り分けていきます。

 

問題を解いているだけでは、

何のための仕訳なのか、いつ役に立つのか分かりませんが、

一度実務に触れることで、

「この取引の場合に、この仕訳をするんだ」

という経験ができるので、簿記の目的が分かるようになります。

 

 

将来像が見えるようになる

 

税理士事務所・会計事務所でインターンをしていると、

経営者の方や、様々な業種・職種の方とお話しできる機会があります。

 

もちろん、税理士事務所・会計事務所で働いている方との交流もあります。

 

それらを通じて、自分が想像できなかった世界を知ることができます。

 

今まで知らなかった大人に憧れを持つようになったり、

逆に憧れていた仕事の裏側を見ることによって考え方が変わったり、

ふわっとしていた将来像が一気にはっきりと見えてくるようになります。

 

そして、今憧れの業界で働いている人が悩んでいることが分かるのであれば、

卒業前にどのような勉強をしておくべきなのかを事前に把握できます。

 

将来像に向かって努力できるようになるので、

学生生活へのモチベーションもぐっと上がります。

 

決算書が読めるようになる

 

就職活動をする際に、気になる企業の決算書を読むと思います。

 

税理士事務所・会計事務所でインターンを経験していなくとも

決算書を読むことはできるのですが、

深く読み込むことは難しいと思います。

 

 

一度決算を組む経験をしたり、実際に会計入力をしたりして初めて

数字から現場のイメージが湧くようになるからです。

 

 

もしも、決算書だけでは分からない部分があれば

会社説明会やインターンシップの時に、

この部分について教えてくださいと質問をすれば、

あなたの観察眼の鋭さに人事の方も脱帽必至です。

 

 

その他にも、株式投資を始める場合、

金融機関に入る時には融資先の選定など、

決算書が読めると役に立つことが多々あります。

 

まとめ

税理士事務所・会計事務所のインターンシップで得られる経験について、

少しでも参考になったでしょうか。

 

もちろん実務を通して簿記が深くわかるようになるなどの、

分かりやすいメリットなどもあります。

 

この記事を読んで、税理士事務所・会計事務所のインターンに興味が湧いた人、

質問をしてみたい方はお気軽にご連絡ください。

質問フォーム

 

根本税理士事務所では、

「ジュニサポ」という名前で、学生が企業に対してコンサルティングを行っています。

 

コンサルティング業務に興味のある方は、

根本税理士事務所が何をやってきたか

こちらで紹介しているのでぜひご覧ください。

 

インターン生の取り組み - 根本税理士事務所インターンシップ
インターン生の取り組み - 根本税理士事務所インターンシップ

名古屋市名東区の長期インターン生の取り組みを紹介!インターン生がセミナー開催や法人設立、情報発信、コンサルティング等々様々なビジネスに挑戦しています。

続きを見る

 

-長期インターンシップ
-, , , ,

Copyright© 根本税理士事務所インターンシップ , 2019 All Rights Reserved.