インターン生の取り組み

根本税理士事務所のインターン生は簿記や会計だけではなく様々な業務に取り組んでいます。

社会に出る前に、自分の向いていること、向いていないことを見極め、本当にやりたいことを見つけることができます。

 

過去の取り組み

  1. 顧客の経営支援
  2. セミナーの開催
  3. 補助金・助成金の申請
  4. 銀行融資・銀行借入
  5. 新規事業の立ち上げ
  6. 情報発信
  7. 企業・NPO法人の設立補助

 

顧客の経営支援

根本税理士事務所ではインターン生自身が顧客の経営改善に取り組んでいます。これまでに、インターン生がある飲食店の赤字(約700万円)を解消しました。赤字改善のためにイベント・企画提案をしSNS等の情報発信を行うことで、売上が減少から増加に転じました。そして、何をすればいいのか分からないと足を止めていた店長が自分自身で何をやるのがいいのか考え、自ら行動するようになりました。経営相談に乗っている様子

セミナー開催

根本税理士事務所の長期インターンシップでは、多種多様な企業に向けてインターン生自身が講師としてセミナーを開催しています!!過去には、経営力を向上するためにはどうすればいいのか、自社の経営状況等について分析を行うセミナーであったり、消費税増税により、企業にどのような影響があるのかを説明するセミナー行いました。次のセミナーでは、補助金や助成金についてのセミナーを開催する予定です!!セミナーをしている様子

補助金・助成金の申請

銀行からお金を借りるのとは違って、補助金・助成金で受け取るお金は返す必要がありません。そのため、多くの企業が獲得をしようとしているのですが、申請書類が多かったり、応募条件の理解や資料作成に何かと手間がかかるため獲得を断念しています。そのような人たちのために根本税理士事務所ではインターン生がその獲得のお手伝いを行っています。今までに、IT導入補助金や小規模事業者持続化補助金、経営力向上計画などに取り組んできました。作成資料の多くには、企業の経営状況について深く知っていることが必要であるため、手伝いをすることで様々な業界の知見が深まります!!補助金の交付書面

銀行融資の事業計画書作成

企業が事業を始めると、時としてたくさんの資金が必要になってきます。自己資金では、補えないことが多々あり、多くの人が銀行から借入をしています。借入にあたって銀行側は企業側に、融資した資金でどうやって利益を上げていくかの計画書を求めてきます。そのため事業計画書を作成することが必須になってきます。これまでに、インターン生が実際にその計画書を作成し、銀行から総額約5億円の融資に成功しました。計画書作成のために経営者からヒアリングをしている様子

情報発信

事務所の情報発信は勿論のこと、地域の魅力あるクライアント企業の情報を発信します。資金力では大企業に劣る中小・零細企業ですが、仕事にかける熱い思いや面白いビジネスプラン、斬新なアイディアは大企業に引けを取りません。そんな魅力溢れる企業を学生の目線だけでなく多角的な面から社会に向けて情報を届けてもらいます。直接社長にお話を伺い、様々な切り口から社会に刺さる記事に仕上げプレスリリースを発表します。プレスリリースの他にも企業にあった情報発信のツールを用いてクライアント企業のブランディング化を行います。事務所のパンフレットの紹介をしている様子

新規事業立ち上げ

本業だけの売上だけでは資金繰りが厳しいという声からサポートを始めたのが新規事業の立ち上げです。企業の強み弱みを分析した後、それを踏まえ新たな利益を生み出せる事業の立ち上げサポートを行います。ターゲット層の決定、市場調査、周知の方法、類似商品・サービスとの差別化等、事業を行うにあたり必要な事項を経営者と一緒に考えます。講義で学んだようなマーケティングの知識を実践で活かすことが可能です。計画書作成のために経営者からヒアリングをしている様子

法人,NPO法人設立

起業したいけど会社設立の方法がわからない方に対してサポートを行っています。会社の名前や定款に記載する事業内容なども経営者と一緒に考えます。これまでに株式会社とNPO法人の設立を行ってきました。計画書作成のために経営者からヒアリングをしている様子

更新日:

Copyright© 根本税理士インターンシップサイト , 2019 All Rights Reserved.