相続・事業承継のご相談

相続・事業承継のご相談

Message

中小企業の経営者の皆さま、個人事業主の皆さま、事業をどのように引き継いでもらいたいとお考えでしょうか?

事業承継(じぎょうしょうけい)とは、企業の経営を信頼出来る後継者に引き継ぐことを言います。
後継者の経営手腕が承継後の事業の強みや存続の基盤になるため、「誰」に引き継ぐかを決めることは極めて重要です。

事業承継は経営者にとって最後の仕事であり、どの企業でもいつか必ず訪れる問題でもあります。
できるだけ早い段階から取り組むことが事業承継を成功させる近道です。事業承継に “早すぎる”ということは決してありません。

など、専門知識を駆使し、経営権の移譲・集中と円満相続の両立を希望する経営者に対し、最適な事業承継手法をご提案いたします。

Point

後継者にとっては、創業者の夢や既存の事業を伸ばし、多くの人に幸せをもたらすこと、また、経営理念などを引き継いでどう発展させていくのかを考える重要な機会となるでしょう。

こんなお悩みはありませんか?

  • 後継者候補はいるものの、周囲の理解を得られていない
  • 引退時期が近づいてきているのにもかかわらず、承継の準備をしていない
  • 後継者候補が見つからない
  • 会社・事業を引き継いでほしいと思っているが、何をすべきかが分からない
  • 自社株がバラバラになってしまっている
  • 債務超過に陥っているため、引退と同時に会社を閉めるべきだと思っている
    など

ポイント

特に事業承継時に問題となる
「相続資産の評価額試算」「自社株評価試算」「事業保証金対策」「自社株の評価下げ対策」など、
税理士ならではの専門知識を活かし、お客様の“想い”に応える事業承継を提案します。
M&Aについてのご相談も承っております。

 

お電話によるお問い合わせ

ご相談日は営業時間内が原則となりますが、お客様のご都合がつかない場合には
平日の夜間や土曜日でも対応いたします(要予約)。

ご相談予約

メールによるお問い合わせ

メールによるお問い合わせでは、24時間受付を行っております。

※ ご相談日程の調整を行わせて頂きますので下記のフォームよりご連絡願います。

更新日:

Copyright© 根本景子税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.