ブログ

長期インターンシップの必要性

更新日:

みなさんこんにちは!

根本税理士事務所です!!

今回は大学生の長期インターンシップの必要性について書いていきます。

大学生であるみなさんがインターンをやろうと思ったきっかけは、これから始まる就活における「不安感」が芽生えたからという人がほとんどではないでしょうか?

就活を他の人達より上手く進めるためにインターンをやるというのは、大変いい心意気だと思います。

しかし、一日二日の短期インターンではなく、それより二歩も百歩も進んだ長期インターンこそ本当に意味があるものだと思います。

短期インターンというのは、簡単に言うと小学生レベルでもできる会社見学と同じもので得るものはほとんどありません。ただ単に、周りが動き出したからとりあえず自分も行こうとなっただけで、時間を無駄にするだけです。一方で長期インターンは会社を見学するのではなく社会に出て実際に働くとはどういうことなのか、また自分がやりたいことは本当に合っているものかを知れるローリスクでハイリターンな優れた制度です。

基本的に就活で苦戦を強いられている人は、四年間という大学生活の中で成長できなかった人(ただバイトしたり、遊んだりで四年間を無駄に潰した人)です。留学をしたと言っても一年にも満たない名ばかりの留学で、行って遊んできただけ。インターンに行っても社会に出て身に付くものを学ぶのではなく、就活のために動いているだけ。要は就活のその先である社会での生き方という本質に目を向けれず、うわっつら、見せかけの行動で不安感を消し保険をかけようとしているだけなんです。

そうならないために、長期インターンシップがそれを解決する一つの手段になると思います。

長期インターンシップをやる中で注意してほしいことは、絶対にとまではいきませんができるだけ就活の為という心意気を捨てて挑戦することです。というのも、皆さん方大学生にとって就活というのはゴールではありません、ようやく社会の一員としてスタートを切っただけです。そのため、就活に焦点を当てるのを一度捨て、自分が社会の一員になった後にどういう過程を歩んでいきたいのかを考えることが必要になると思います。長期インターンシップはそれを考える一歩目の手助けをしてくれるとても有意義なものです。

長期インターンシップを導入している多くの企業では、インターン生としてではなく一社員として扱ってくれます。そのため、例えば営業という仕事に興味があったら営業をさせてもらえるところのインターンに挑むことで、自分が本当にしたいことと合っているかをかなりのローリスクで確かめることができます。その上、インターン先に自分よりできる人がいると自分がこの先進む道でどのようなキャリアを積めばいいのか、どういったスキルが必要になってくるのかも知ることができます。

短期インターンで成長できる人もいるかもしれませんが、そんな人は極まれでよっぽどできる天才かなんかです。大学生の数パーセントにも満たない人しか挑戦していない長期インターンシップでコツコツと長い期間やっていくことで平凡な人でも最低限の社会での雰囲気、過ごし方を体験し成長ができると思います。

最後に

当事務所が提供しているインターンは半年という長期間で、大学生にとっては大学生活の八分の一を占めるものになります。しかし、今後みなさんが出る長い社会生活と比べるとほんの短期間です。長い社会生活における自分自身のしっかりとした指針を立てるための半年と思えば、とても価値ある期間になるのではないでしょうか。

当事務所のインターン生の取組については
こちらから!!

 

根本税理士事務所ではインターン生を随時募集しています!
そんな税理士事務所のインターンシップに挑戦したい学生は

ぜひ、お問い合わせ下さい☆

=================================

税務のことなら!根本景子税理士事務所

本社:愛知県名古屋市名東区高針原1-1305番地
TEL :052-705-1051
FAX:052-705-1050

HP:https://www.nemoto-zei.jp

根本税理士事務所のFacebookはこちら>>

==================================

 

-ブログ

Copyright© 根本税理士インターンシップサイト , 2019 All Rights Reserved.